病院で治らなかった方でも

 以前、肩の痛みで病院に行き、五十肩(肩関節周囲炎)との診断を受け、肩に痛み止めの注射やリハビリをするため通っていた方がいました。治らないので当院へ来院されたのですが、検査したところ頚椎(首)からくる痛みで、肩関節自体には問題が見られませんでした。頚椎のマッケンジー法とキネシオテーピング療法で完治いたしました。

 逆に、首から上肢(腕)の痛みのため、病院でMRIなどの精密検査をいろいろ受けても異常が見つからず、痛み止めも効かず、夜間痛(激痛)でどうにもならない方が来院されたことがあります。当院で診させてもらった所、首や上肢よりも肩関節内部の問題による激痛のようでした。肩関節に効くようにキネシオテーピング療法を行った所、直後にやや痛みが和らぎ、夜間痛も軽減されました。

 我々柔道整復師は、画像診断や病理学検査などは出来ませんので、問診・触診・徒手検査を最大限活用し患者の状態を知ろうとします。画像診断などでしか分からないものもあるので、それらも大変重要な検査ですが、画像では分からないものや、診断不明とされたものでも問診・触診・徒手検査から正しい病態や原因が判明することも多くあります。病院で異常がないと言われ、あきらめている方、当院に一度いらしてみて下さい。きっとお役に立てるかと思います。